PROFILE

MISAKI MORINO
森野 美咲  





ウィーン在住。岡山市出身。
古典派、現代音楽、
オペレッタ、ドイツ歌曲に特に定評があり、
2014年ガルス音楽祭で
ヨーロッパデビュー後、
ウィーン楽友協会
コンツェルトハウス等で
「ドン・ジョヴァンニ」「魔笛」
「ポッペアの戴冠」「カルメン」
「無人島」等 数々のオペラや
コンサートに出演。





2017年には
現代芸術祭として名高い
シュタイヤー秋の音楽祭
(オーストリア・グラーツ)にて、
マシュウ・シュロモヴィッツ作曲
「Electric Dreams」を
世界初演し、その録音は
オーストリア国営放送により
ヨーロッパ全土で放送された。

2019年には
ウィーンフィルサマーアカデミー
オペラ「偽の女庭師」
タイトルロールに抜擢、
オーストリアツアー公演に出演、
マイナビ プロ野球オールスター戦開幕式にて
甲子園球場にて国歌独唱を務めるなど
今後も国内外での活躍が期待される
注目の若手ソプラノ。

共演

ラトビア国立フィルハーモニック管弦楽団
ソフィア国立フィルハーモニック管弦楽団
シンフォニエッタ・バーデン
東京フィルハーモニー交響楽団
東京交響楽団
東京シンフォニア
セントラル愛知交響楽団

岡山フィルハーモニック管弦楽団

Education

岡山城東高等学校音楽系
東京藝術大学声楽科
ウィーン国立音楽大学修士課程
満場一致の首席修了
ウィーン私立芸術大学声楽教育課程修了

ローム ミュージック ファンデーション奨学生
文化庁新進芸術家海外研修員

 

 
Awards
シュトレッカー国際声楽コンクール
第2位

アリーダ・ヴァーネ賞国際声楽コンクール
第3位

第87回日本音楽コンクール声楽部門
第1位

第27回 ヨハネス・ブラームス 国際コンクール声楽部門 
第1位  (Duoの木口雄人 に最優秀ピアニスト賞)

第20回岡山芸術文化賞グランプリ
マルセン文化賞 文化特別賞

Teacher

これまでに声楽を森野啓司、佐々木典子、R.トロスト、
M.クラウスホーファ、A. ハース、E.グルベローヴァの各氏に、
ドイツ歌曲をG.フォンターナ、H.ドイチュ、
A.キルヒシュラーガの各氏に師事。